Blog

もえかの小話:初めてのヨーロッパ。ウィーン

こんにちは。

最近は筆まめになっている私ですが。いつまで続くのやら・・・

不定期更新、もえかの小話シリーズです。こちらでは主に過去の話、ピアノのことやドイツのことなど書きたいことをランダムに書いていくシリーズです。

オチがあまりない話なのでチルってる時にぜひお読みください。

今日は、初めてヨーロッパへ行った時のことを書きたいと思います。

12歳の時だったと思います。

クラシックを勉強するなら、本場の空気を吸うべきではないのか?と母がオーストリア、音楽の都・ウィーンへ連れて行ってくれました。母娘、フリープランの個人旅行。母は特別に英語ができるわけでもないし、ヨーロッパなんて行ったことなかったし、当時はインターネットなんか使ってなかったし。

今考えるとかなり無謀な旅でしたが、鮮明に覚えています。

10日?2週間くらい?だったかなぁ。

長距離飛行機は乗ったことないし、オーストリア航空で行ったので機内のCAさんは12歳の私からみてバリバリの外国人。大きい。金髪。

すでに腰が引けたし、Water please と注文してる母がカッコよく見え、小さな声でしか言えない自分がダメだなぁとすでに飛行機から萎縮気味でした。

飛行機から降り立ち、ホテルへ到着してすでに疲労困憊。

ベットで寝転がっていると、母が一言

何やってるのよ、外へ散歩へ行くのよ!!!!

😫

まじですか。辛い。時差ボケで眠いしもう疲れたと思いつつ外へ連れ出され、当時はスマホなんかないので紙の地図を握りしめて、地図とにらめっこする母にくっついて市街の散策へと向かったのをよく覚えています。

当時、アジア人の子供、が特に珍しかったのかどこへ行ってもとにかくジロジロ見られる。気まずい。

水を買おうとしても、日本みたいにすぐ買えない。

買ったらわけわからん炭酸が入ってる、普通の水はどこですか。

街は綺麗だし建物もすごいけど、夜になると予想以上にその歴史ある感じが不気味に見える

シュニッツェルって有名でガイドブック載ってたけど正直、薄いトンカツだよな

ヨーロッパの夏って日差しの下はすっごい暑いのに日陰になると肌寒い

とか( ´_ゝ`)

くだらないことのようですが、何もかも初めてで新鮮に感じました。

サウンド・オブミュージックの舞台となった場所へ行った日は、日本人コーディネーターに案内してもらい、その人のこともよく覚えています。

おじさんでしたが、とにかく1キロもズレがなく高速を最初から最後まで同じ速度で走る人でした。あまりにも単調な走り方すぎて、私は後部座席から速度計を観察することにしたのです。

そして、色々教会などにも行っておじさんがドイツ人(あ、オーストリア人か)と会話してるのを後ろから見ていましたが、子供ながらに

ドイツ語下手じゃない????ダイジョーブか?

と思っていました・:*+.\(( °ω° ))/.:+ オーストリアも訛ってますが公用語はドイツ語です。ドイツ語なんか私がその当時話せるわけもないのですが、聞いた感じでめちゃくちゃカタカナっぽい語感だったんです。

そんなこんなで、初めてのウィーン旅行はシェーンブルン宮殿のトイレで、旅行前に買ったばかりのデジカメを無くしたりもしましたが^^;

シューベルトの生家に行ったら子供だったからか当時使っていたピアノを弾かせてもらえ、道中迷いつつもベートーヴェンが遺書を遺した家にも行くことができ、確か誰かのお墓にも行けたと思う。

ヨーロッパの風を一瞬でも感じることができて、有意義な旅となりました。

あの歳で行ったからこそ感じ取れた何か、もあったと思います。

このウィーンが私のその後の人生の分岐点とも繋がっていくのでした。

続く。

怪獣のように食べる話

こんにちは。

さて、最近は新しいプログラムを準備中で日々

掃除洗濯・レッスン・練習・猫可愛がる・食べる・寝る

これを繰り返している毎日です。

割合としてはまだまだ呑気に練習してしまってる感じなので、寝る、食べる、猫可愛がるの比重が多すぎる気もしています。合間にドラマなんかも見てしまっています。ダメですね。

音楽関係ない話ですが。

どうも芸術関係の人というのは、食べることへの執着がすごい人が多い気がします。

美しいものが好き→美味しいものも好き

となるのかもしれません。お酒好きな人も多いですね。

私ももれなくそのタイプで食への執着があります。食いしん坊タイプです。

自分で作ることにはあまり関心がないですが・・・

そして食べる量も、多いです。

恐竜🦖並み

です。そもそも日本の食事は量が本当に少ない。

ドイツから帰ってきて京都で暮らし始めた頃、モスバーガーへ行った時のことです

ポテトLサイズを注文。(心の声:どうせ日本のは小さいからL頼んでやる🦖)

お待たせしました〜ポテトLサイズです🥔

Σ(・□・;)

・・・・・・・・・・(心の声:少ない!!!)

思わず

これ本当にLサイズですか?

と聞いてしまいました。

最近では御所近くにある りょうりや ステファンパンテル というお店がとても気に入っています。

感動しながら食べているので、この間食べたコースの最初から最後まで、絵に描いて、しかもどこがどういう料理だったのか細かく説明もできると思います。笑

少しずつ、美しく盛り付けられて出してくださいますが、

その美味しいムース、もっとスープみたいに思いっきりゴクゴク飲みたい。

このお魚もお肉も、10切れくらいおなかいっぱい食べたいな

とずっと食事中に思っていました🦖

でも、もっと食べたい、くらいが一番美味しいと思うのでその思いは胸にしまって、また美味しいお店に行きたいと思います😁

ピアノが好きだから練習も苦じゃない!?

こんにちは!

さて、先日ピアノの練習について、ある時話をしていた時に

いやー大人でさえ練習って大変ですよ、怠いなぁサボりたいと思うこともたくさんあるので子供なんかはもっともっと大変なのは間違いないし、練習したくないのは当たり前のことですよ

と私がふともらした言葉に

えっでもピアノが大好きなのでは???

と聞かれて、どう説明すればいいのか困ったことがありました。

皆さんはカレーライス好きですか?カレーが苦手って人はあんまりいないと思いますが。

例えば、1年間365日、まぁじゃあたまの休みはあったとして330日くらい毎日毎日毎日カレー食べてたらどうでしょうか。

カレー食べるタイミングでお腹いっぱいの時もあります。眠いし疲れてる時もある。見たいテレビや他にやりたいこと、行きたい場所があるかもしれない。

でも毎日絶対家でカレー食べなきゃいけない。

え?カレー食べるの辛いの?カレー好きなんじゃないの・・・・?

😆

いやいや・・・

ってなりますよね。特に専門的にやればやるほど、ずっと向き合うのだから余計にそういう気持ちにもなると思います。

これはオリンピック選手とかでも絶対同じだと思います。

走るの好きだからって、毎日楽しく走ってるわけではない、むしろ走る楽しみよりも苦しい瞬間の方が何倍も多いことでしょう。しかし、その分少しでも身になった時の喜びは大きく、何にも代えがたいことでしょう。

練習が辛い < 上手になりたい

練習が辛い < 上手になった喜び

という感じなので、できてるんじゃないかなぁ。

あとは、身近なものに置き換えると、子育ては大変だけど子供の成長は何にも代えがたいもの、と言いますね。

泣いて喚いて、寝ない赤ちゃんを大きく育てるのは本当に大変でしょう。自分のことを後回しにして、すごいね、育児が好きなんだねって、

いや、違う^^;

ってなるんじゃないでしょうか。

育児の辛さ < 子供の成長の喜び

だから頑張れる、みたいな感じです。ピアノは自分の子供みたいなものです。

ブサイクでも(下手くそでも)なんでも、自分の子だから。

趣味ですると、楽しめるってのは、元は子供好きなので親戚の子をたまに預かるとこころ穏やかに可愛がってあげられる、みたいな感じです。

ピアノの練習って本当に地味だし孤独だし、新しい曲で複雑なものをするのは私でも辛いです。

新しく複雑な曲を譜読みするのは、読めない言語で書かれた本(まーアラビア語みたいな)を辞書を引きながら、少しずつ解読するような作業と思っていただけば良いです。1時間もすれば頭はすごく疲れます。

好き、だけで済まされない愛憎みたいなのがピアノにはある気がします。

たくさんの辛さ < ピアノ

ピアニストとゆとり教育?

こんにちは。

またまたブログの更新をサボってしまいました🙇‍♀️

月末に本番があり、コンサートではないのでご案内はできませんがそれに向けての練習とレッスンで相変わらずの日々です。その前は去年に引き続きドイツにも行っていました。昔住んでいた街はフランスにも近かったので、フランスにも行くことができました。ちなみに住んでいた街は相変わらず、地下鉄工事中で街の景観はしっちゃかめっちゃかでした^^;

まだまだ言葉も感覚も忘れてなくて、日本にいるのが現実なのか、ドイツにいるのが現実なのか、なんだかタイムスリップしたみたいで行くといつも不思議な感じなります。

さて、あるピアノの先生がおっしゃっていたことで、確かに、、と思ったことがあり

日本人はサッカーや野球、部活などのスポーツを頑張っていることはとても評価する。

でもピアノを一生懸命やってると、ピアニストでもさせる気なの?子供が可哀想、とかちょっと軽蔑した言い方をされることがある。汗を流すことだけが、頑張っていることではないのに、、と。

私が小さい頃も、子供ながらに覚えているのですがピアノ頑張ってるね〜と褒めてくれる大人もたくさんいましたが

母に向けて、そんなにやらせてどうする気?という意味合いのことを投げかけている人もたくさんいました。

学校の部活を頑張ってる子に、サッカー選手にでもなるの?そんなにやってどうするの、って聞く人いないですよね。笑

スポーツを頑張ることに比べてそういう疑問が多いのは学校でやってることじゃないから、ピアノってお金かかりそうだから、スポーツじゃないし協調性生まれないから、、などの理由でしょうか。

私はいわゆるゆとりと言われた教育世代でしたが、ピアノをやっていたおかげでそんなものとは無縁でした。

特に9歳から習い始めた音大の先生はとてもとても厳しく、頑張って練習したつもりでも、上手になっていなければ

一体どこを練習したの!?下手くそ!身が入ってない!言われたことは一回で直す、今すぐ直す。人の言うことは素直に聞く、頑固者は一生良くならない。

と大声で怒鳴られることは日常茶飯事。ピアノ以外の躾に関しても徹底的に教え込まれました。親の振る舞いや礼儀に関してもとても厳しく、ストレートに注意していました。

その結果、目上の人にはどう接するべきか、そして人に注意されるのも怒られるのにも打たれ強くなり、かなりの耐性がつきました。加えて、練習は孤独です。ステージに上がるのには誰にでも少なからず恐怖や強い緊張があります。自分より上手な人は上を見ればキリがなく、負けた気持ちになる悔しさも時にはあります。

お陰様で、ピアノ以外でピアノよりも厳しい、大変だ、乗り越えられない、と感じることは大概ないくらい気持ちが鍛えられました。

ピアノは本気でやれば、

・練習は自分との戦い、自己管理と計画。

・人の前で注目されてたった一人で演奏する度胸。知らない場所でいきなり弾く場慣れ

・自分より上手な人が大勢いる中で、自分だけの良さを信じるメンタルの強さ

・注意されてそれを素直に受け入れる、何か言われても凹むのではなくて自分の糧にしようとする気持ち

・長い練習やレッスンに耐える集中力

etc…

など多くのことが身につきます。なんでも一つのことを極めようと本気でするって将来どうこうではなく、大変な分得るものが大きいです。

ぜひ、ピアノを本気でやっている子がいたら褒めてあげてほしいものです♬

 

戦うな!

戦うな!

これはカールスルーエ時代の私の先生が

度々私に言っていたことです。

初めは言われている意味がわかりませんでした。音楽的なことでもなければ、音が汚いとかそういうことを言っているわけでもないみたいで、自分と、ピアノと戦うなって意味のようでした。

ですが先生は必ず、私がメンタル的に追い込まれた状態で苦しんだ末、「頑張って」弾いた本番の時にこれを言ってきました。

不思議なことに、他の誰にも戦ってる感は伝わってないのですが、私もよく弾けた、と思ってもなぜか先生にだけは伝わっていたみたいです。門下生のほぼ全員が言われていたようでみんなあんまり意味がわかってないみたいでした。笑

その意味は先生の演奏を生で聴いた時に納得しました。

静寂な心で、ただその一瞬を楽しむその音楽は心に暖かく自然と入ってくるものでした。

これもできます、あれもできます!自分に負けない!圧倒する!

とかではなく本当に自然なものでした。

まだまだこの境地には達するのには時間がかかりそうですが、もっともっと経験を積んでいつかそういう音楽がしたいなーと久しぶりに先生のことをゆっくりと思っていました^^

細かいことはあんまり言わない先生でしたが、大事なことを残してくれたんですね。